都ファミリー通信

2014年5月号

koi-01.jpg
5月になりました。お元気でしょうか?

GWもあり新緑の季節ですね。気候もよくお出かけしたくなりますね。

おかげさまで、日々たくさんのお客様にご来店いただき、毎日元気に営業しております。

お気軽にお電話、ご来店くださいね。

 

自分スタイルで十人十色の親孝行

 

★何をしたらいいかわからない

子どもの側は高級品や旅行などコストのかかることが親に喜ばれると思っていますが、親の側は一緒に過ごす時間が嬉しいと感じているようです。 親と時間を共有することから始めてみては!

★お金がなくてもできますか?

世界に一つの手作りプレゼントやメッセージなどを書きこんだオリジナルカレンダー、手料理も喜ばれるのでは!

★親とケンカしてしまった!

意見の相違でケンカしたり心配かけて怒られたり、そんなときの謝り方は、一番は素直にごめんなさいと
直接謝ること。手書きのメモや手紙でもOK.
遠い人は電話もOK、謝った後はありがとうと言いましょう。

★忙しくて時間がないときは?

電話や手紙、SNSを活用し、近況報告、身体を気遣う言葉、
世間話など一言でもOK.写真を送ったり絵ハガキも
喜ばれます。写真メールもいいでしょう。

★きっかけがない!

イベントや記念日を親と一緒に過ごしてみましょう。
自分の誕生日、産んでくれてありがとう、無事に迎えられましたと感謝を伝えましょう。

★お父さんには何を?

母親は比較的わかりやすいですが、父親は悩むことも多いでしょう。父親の趣味に合わせて
話を聞いたり、お酒を一緒に飲んだり頼りにしている気持ちを伝えましょう。

★照れくさいのですが?

親が子供に言われて嬉しい1位はありがとうです。何かしてもらったらありがとうと添えましょう。