都ファミリー通信

2013年6月号

 

 

梅雨の季節となりました。だんだん蒸し暑くなって きましたが、お変わりございませんか?

食中毒などに気をつけながら、体調くずされません ようにご注意くださいね。

訪問もさせていただいて おります。

梅雨

ご予約やお問い合わせなど、お気軽にお電話くださいね。

よろしくお願い致します。


お茶を楽しもう!

 

☆煎茶の淹れ方・・

1、煎茶の味は茶葉の量、( 1杯分;80c cに対して2g)

2、浸出時間( 30秒~1分ぐらい)

3、お湯の温度によって変わります。
お湯の温度は、高温で淹れると渋みが強くなり、70度くらいに冷ましたお湯で淹れるとほんのり 甘みが感じられます。

☆冷茶の淹れ方・・

水出しとお湯で淹れる方法の2種類 あります。

水出しの場合、家庭用ピッチャーなどに 水1リットルに対して、約10gに茶葉かティーバック を入れて一晩おきます。

水出しは味と香りは薄い ですが、色が変わりにくいというメリットがあります。
水道水を使用すると、カルキに匂いがするので 浄水器を通すか、湯冷ましした水を使いましょう。

日本茶
☆紅茶の淹れ方・

紅茶は温度が高い方がしっかりした味がでます。

お湯を注いで待つ時間の目安は約3分、味が濃すぎると感じたら、茶葉の量や蒸らす時間を減らしましょう。

朝「スッキリ目覚めたい!」という時は・・カテキンが含まれる「煎茶」がおすすめです。

茶葉の量を増やしたり、熱めのお湯で淹れたりすると、苦みや渋み、香りが強く出るため、朝のお目覚めに効果的です。

昼「ティータイムを楽しみたい!」という時は・・「煎茶」を少し冷ましたお湯で淹れ、ほんのり 甘い味を楽しんでみては。お菓子にも合います。

夜「リラックスしたい!」という時は・・カフェインが少ない「ほうじ茶」や「玄米茶」などが よいでしょう。香ばしい香りが楽しめます。