都ファミリー通信

2013年2月号

 

まだまだ寒いですが、お変わりございませんか?

バレンタインの季節ですね。自分へのご褒美にチョコ購入もいいかもしれませんね。

お風呂にゆっくりつかったり、ホッと一息、お茶タイムなどしながら、ストレスや疲れをためないように気をつけたいですね。

コーヒー

今年も元気に営業しております。
お茶とお菓子を用意して、心からご来店お待ちしております。


朝活ですっきりスタート

 

・ 人間にとって最適な睡眠時間は一日トータルで7時間

・ 寝る時間、起きる時間は一定が理想

・ めざまし時計には、できるだけ頼らない

asahi

脳科学からみた早起きにコツ

1、脳には心地よいと感じるとはたらきが良くなります。

自分にとって気持ちのいいこと、好きなことをすればするほど脳は活性化するのです。

朝、ぱっと目覚めるためには、朝起きてしたい楽しいことを作りましょう。

2、脳は手足を動かすことで活性化します。

布団の中から出たくない時は、布団の中で手足を思いっきり伸ばしたり、動かしたりすると目が覚めてきます。

とにかく起きあがり、カーテンや窓を開け、歯磨きや洗顔をする何気ない動作をするだけでも、十分脳は活性化し、目覚めもよくなります。


 
足腰を作るエクセサイズ

1 、 椅子などに座り、右脚を床から5 ~1 0 センチほど浮かす

2 、 両手で右膝を上から押し、膝を上げる力と拮抗させて、互いに力を込める

3 、 3 秒間、息をはきながら、力をだしあったら脱力する。3 ~5 回くりかえす。反対の足も同様に。