都ファミリー通信

2010年12月号

 

今年もいよいよ押し詰まってまいりました。お変わりございませんか?

クリスマスや忘年会など、楽しいイベントも多い月ですが、だんだん慌ただしくなりますので、くれぐれもお身体 ご自愛いただき、良いお年をお迎えくださいね。
来年もよろしくお願いします。サンタ


12月といえば、あちらこちらできれいなイルミネーションが見られますね。最近では、普通のお家がすごい光り輝いていたり思わず見とれてしまうことも・・人気のスポットをご紹介します。ロマンチックなクリスマスをお過ごし下さいね。

★ 京都;京都駅ビル、府立植物園、ローム
★ 大阪;新梅田シティ、心斎橋BIG STEP
★ 中之島、御堂筋、USJ,天保山、ATC,
★ ハービスPLAZA,ハーベストの丘
★ 兵庫;神戸ガス燈通り、ルミナリエ、モザイク、
★ 洲本市民広場、北野坂異人館
★ 和歌山;白良浜、ポルトヨーロッパ など

イルミネーション

《 がんについて知ろう 》 健康的なサプリメント

近年の健康志向の高まりから、健康食品やサプリメントに世間の注目が集まっている。

特に健康に不安をもつ人や治療経験のある人は サプリメントへの関心が高いが、「実際に今飲んでいるものが安全なのか不安」「病院で処方されるものではないから、医師に 相談しにくい」といった話もよく耳にする。

最近では、大学などの医療・研究機関と民間企業が連携する形で、医療現場の フィールドの留まらない製品づくりを行う“産学連携”の共同開発が盛んになりつつある。


大阪大学医学部付属病院未来医療センターの研究データをもとに開発されたサプリメント「パルテノン」はそのひとつ。

同センターの 教授らによる最先端のがん研究から生まれた、いわゆる“スピンアウト”の産物だ。

この研究は、骨肉腫のがんが転移するメカニズムを解明し、転移予防の治療法を開発することを目指すもの。

ここで注目したのが、 「パルテノライド」という物質だった。

骨肉腫の肺転移には、細胞の中で遺伝子を動かすスイッチの役割をする物質がカギとなるが、 パルテノライドにはその物質をブロックする働きがあることに気づいたのである。

パルテノライドの転移抑制効果については、マウスを使った動物実験での実証されたため、国際がん転移学会などでの学会で発表され、現在、国内外の大学や医療機関で研究が お行われている。

出展「名医がすすめる『最高のがん名医』550人+治る病院」

kangohu-3.gif