都ファミリー通信

2010年8月号

ひまわり

こんにちは。真夏の厳しい暑さが続いていますが、お変わりございませんか?

夏休みお出かけされる方も多いでしょうね。

水分補給に気をつけながら、楽しい夏をお過ごしくださいね。どうぞ、お身体ご自愛ください。


関西人気;花火大会

 

★滋賀・・びわこ花火大会:約10000発、8/6
★滋賀・・彦根大花火大会:約10000発、8/5
 
★京都・・宇治川花火大会:約7000発、8/10
★京都・・亀岡保津川花火大会;約5000発、8/7

★大阪・・淀川花火大会;非公表、8/7

★兵庫・・芦屋サマーカーニバル;約5000発、7/24
★神戸・・みなと神戸海上花火大会;約10000発、8/7

★奈良・・吉野川納涼花火大会;約3000発、8/15

★和歌山・・スターライトイリュージョン;約6000発
8/1.8.13~15.22・29


がんについて知ろう》 前立腺がんの基礎知識&治療の流れ
 


生活の変化により日本人に急増している前立腺がんは、特に65歳以上が要注意。

2008年に保険認可された強度変調放射線治療、放射線物質を前立腺に埋め込む密封小線源永久挿入治療など、治療法はさまざまだ。

食生活の欧米化と超高齢化社会の到来を背景に、急増しているのが前立腺がんだ。

2008年一年間の死亡者数9989人。この40年間で10倍に増えた。

年代別では65歳以上から一気に増え始め、PSA検査を受けた人では、70代2~3割、80代3~4割に前立腺のがんが認められるという。

主な治療法は①手術、②放射線、③ホルモン療法、④超音波の4種類がある。比較的進行が遅く、天寿がんと呼ばれる「おとなしいがん」もあり、経過観察のみで治療をしない「無治療待機療法」が5つ目に加わる。

このうち、2008年に保険認可された「強度変調放射線治療」なら外来通院で切らずに治る。

また、治りやすい早期がんを治療対象として、放射性物質を前立腺に埋め込む「密封小線源永久挿入治療」(2003年保険認可)が全国98病院で行われている。

一方、がんの悪性度にもよるが、50代、60代には手術が第一選択とされるのは、がんが再発するリスクを限りなくゼロに近づけるためである。

 

出展「名医がすすめる『最高のがん名医』550人+治る病院」
 

kangohu-2.gif