都ファミリー通信

2009年1月号

 

あけましておめでとうございます。

新しい年があけましたね。

皆様どのようにお過ごしでしょうか?

今年の抱負はいかがでしょうか?

今年も健康で素晴らしい1年となりますよう心からお祈り致します。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます


七草粥の豆知識

 

七草とは

セリ・ナズナ・ゴキョウ(ハハコグサ)・ハコベラ(ハコベ)ホトケノザ・スズナ(カブ)スズシロ(ダイコン)

七草をお粥にして1月7日に食べる習慣は江戸時代から始まりました。

いつの時代にも念頭にあたって豊年を祈願し、今年も家族みんなが、元気で暮らせますようにと願いながらいただきました。

ビタミンがたっぷりの滋養豊かな七草で疲れ気味の胃腸をいたわってみませんか?


《がんについて知ろう》


      
■化学療法とは
抗がん剤・ホルモン剤といった薬を使って、がんを治療する方法のことです。

切除する範囲・照射する範囲だけに効果を及ぼす手術や放射線療法が「局所療法」とされるのに対し、全身にほぼ均等に作用する「全身療法」であり、全身に広がったがんの治療に用いられます。

 

■抗がん剤治療

化学物質を血液中に投与し、全身をめぐらせることで、体内のがん細胞を破壊する治療方法です。

抗がん剤には、がん細胞を死滅させるとともに、正常な細胞も、障害させてしまう作用があり、治療には感染、貧血、嘔吐、口内炎などの副作用を伴います。

■ホルモン療法
がんの発育に必要なホルモンと 反対の作用をするホルモンを投与し、がん細胞を殺すのではなく、発育を阻止してコントロールする治療法です。
乳がん、子宮体がん、前立腺がんなどが対象で、長時間の治療となります。
これだけで、根冶を期待することはできませんが、抗がん剤に比べて副作用が少ないといえます。
 
kangohu-3.gif